多部ちゃんを撮るっ!

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

検索フォーム

第24回高崎映画祭 

第24回高崎映画祭の上映作品は63作品。
初っぱなの3月27日に、先頭を切ってフィッシュストーリーが上映されます。
翌28日には空気人形とのんちゃんのり弁を上映。
のり弁終了後に授賞式があるわけで、
この二日間は、高崎文化会館に行きっぱなしになるのか(笑

高崎映画祭公式サイト
http://www.wind.ne.jp/tff/index.html
上映スケジュール
http://www.wind.ne.jp/tff/program.html


[edit]

trackback: --  /  comment: 6  /  フィッシュストーリー

東邦亜鉛安中製錬所 

IMG_5475.jpg
工場萌えではありません(笑
東邦亜鉛ホームページ
カドミウム公害で有名だったりする。
わたしの所から一番近いロケ地です。

「硝子と鉛の火粉」
オフィシャルに載ってますがけっこうマイナー。
そのなかで「山」と称される、「紅」の一族の住むところとされる場所に想定されてます。


この映画の映像をネットで初めて見たときは、圧縮がきつく小さなぼやけたものだったので、
どこで撮っているかなんて考えても見ませんでした。
(映像も斜めのカメラ、ボケ、暗い画面を多用して難解ですし…)

ところが最近見たのは、そこそこのサイズで解像もそれなりで、
なにが写っているかが分かるもの。
touhouA1s.jpg

エンドロールも確認したところ、圧縮で分かりにくいながらも、千葉の撮影協力先が出た後に、
東邦亜鉛株式会社、群馬県高崎市、群馬県安中市の文字がぼんやり見えます。
思わず「なんか、超地元?ぉッ」と、まーちゃん口調になって、わめいてしまいました(笑


クルマで30分くらいのところなので、ちょこっと行って撮影なぞを。

最初の写真とキャプチャー画像を見比べればわかりますが、
映画は、所内に入って撮ってます。
こちらはそうは行かないので、受付の気むずかしいそうな白髪のおじさんに断り、
目の前で撮れと云う指示にしたがって、窓口前で撮影(笑
ポジションやアングルは違いますが、同じ場所というのは一目でわかります。

でも、ほぼ同じというのも撮りたいので、金網越しなので外だろうと見当をつけたキャプチャー画像も持っていきました。
touhouA3s.jpg
国道18号から製錬所にアプローチする信越線の跨線橋から。
touhouA3B.jpg
行くとき、あっ、ここかと思ったのですが、似てるけどアングルが違うんですよね。

ところで、この場所で肝心の紅(多部ちゃん)が出てくるカットはと云うと
touhouA2s.jpg

touhouA5s.jpg
だけです。

上は、後処理で硝子と紅のアニメーションを加えたと思われ、
下は、このためだけに多部ちゃんが安中に来たと思えないので別人かも。
引きで後ろ姿だけなのが、そう考える理由。
ただ協力に高崎市が入っているので、学校シーン以外を群馬で撮った可能性は捨てきれないのですが。

学校シーンは千葉県流山で撮影されてます。
HINOKIOの検見川駅とあわせロケ地巡りをするつもりです。


[edit]

trackback: --  /  comment: 12  /  硝子と鉛の火粉 ロケ地

ブラNABE 1?2 

つづきです。

佐竹商店街の最寄り駅、仲御徒町は、日比谷線で三つ目です。
地上に出て歩き出すと、あれ?東に行くはずが南に歩いてるよ、ということで少し戻り、
周り中すべての店が同じ多慶屋という安売り店に占められている、人だけらけの通りを東へ。
まもなく佐竹商店街のアーケードに到着。
大都会の真ん中にある商店街にしては、人通りが少ないのに驚く。
土曜日っすよ。
空洞化の進む地方の商店街みたい。
撮影によく使われるというのを納得します。

ここは、初めてジュンの家に行ったヒノキオがジュンに送られて帰る途中
ジュンの父の形見のロボットを貰うシーンなど撮ったところ。
上着の中にロボットを隠し持ったジュンがヒノキオに駆け寄るシーンがありますが、
懐のロボットを押さえたままなので、恰好が少年のようなのに、
駈け寄りかたが少女っぽいので、思わず多部ちゃんを想って萌えるシーンです(笑
(私だけか.w)

歩く二人。
satake1s.jpg
立ちんぼう二人(笑
P1010335M.jpg
routeさんは、ヒノキオを意識して膝をすこし曲げていますが、甘茶さんも...
甘茶さんの服装に注目。

「じゃぁな」
「はい、さようなら」
satake3s.jpg
昼間は趣ないなぁ。
P1010339.jpg

お約束のパロディ写真を撮った後、
反対側にある神社などをカメラに治める甘茶さんをぼんやり眺める私。
元気がでない。

まだ3時なので、次なる訪問地はどこへ?ということになり、
最近話題のセント・マリー・チャーチへ行くことに。
大ざっぱに金町というのは分かっていましたが、ここというピンポイントが分からないので
多部ちゃんポータルのrouteさんサイトをご本人と甘茶さんがケータイで探ります。

場所発見。
JR常磐線、金町駅のそばらしい。

そそくさと仲御徒町駅へ戻り、日比谷線を北千住へ。
北千住で常磐線に乗り換え金町を目指します。
綾瀬、亀有(公園前派出所)、ときて金町へ。
駅に進入する車窓右手に教会風の建物が。
ひょっとしてあれじゃない?
ワイワイ言いながら改札を出ます。

到着。
P1010360.jpg

P1010359.jpg

閉まっていて中に入れなので回廊をうろつく。
P1010357.jpg
建物のそとへ出たところで「いらしゃいませ」とスーツ姿の若い女性の係の方が。
routeさんが中へ入れないかとお願いするとあっさりOK。どうぞと案内されました。

こういうところに、おっさん二人と若者ひとりという組み合わせ、
それも見るからに他人同士は珍しいのじゃないかと思いますが、そんなそぶりは一切なし。
中の撮影もぜんぜんOK。
結構多いのか、こういう手合い(笑

交代でなかのぐるりを動画撮影します。
routeさん撮影中。
P1010363.jpg

もちろん多部さんCMもご存じのようすで、他にもドラマの撮影多数とのこと。
おねぇさんの気持ちの良い応対に甘茶さん、結婚式は、近場だしここであげようかと口走る。
多部さんCMが一瞬頭をよぎった?(笑

写真はほとんど撮らなかったのに、動画はしっかり撮りました。
ただ、甘茶さんの顔がはっきり写っているので公開は控えます。
私が、顔がわからないように動画をきちんと編集できるパソコン環境をそろえられるか、
あるいは甘茶さんのお許しがでるかしたら、その時は...(笑


この後は、うろつき廻った疲れもあるし、肝心の受け渡しが済んでいないので、
ちかくにあるサイゼリアに入ってお茶することに。

それぞれドリンクバーとケーキのセットなど注文。
忘れないうちにと甘茶さんから代引きで農業少女のチケットを受け取り、
私の方は、ライナーノーツの写真撮影にかかわったゴスペルグループのCDを甘茶さんに渡す。

用事が済んだ後は、あれこれ三人で多部ちゃん話やブログの話をとりとめなく...
気がつけば店内は、夕食のために訪れた家族連れでいっぱいに。
外に出たら席待ちの人が行列していて汗。
京成金町の駅に間違って入りそうな私にあきれ顔のお二人と、
JR金町駅へ向かって今回のロケ地巡りは終了です。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆

route225さんも甘茶さんも報告で触れられている秋田美人の話。
日比谷線か常磐線のなかでみた佐々木希さんのポスターが発端で、
加藤夏希さんもそうだということなど。

木村伊兵衛が昭和28年8月に撮った有名な写真。
obako.jpg

[edit]

trackback: --  /  comment: 12  /  ロケ地

ブラNABE 1?1(笑 

もう、旧聞ですけど23日の件です。

甘茶さんと受け渡しするものがあって都内で会う約束をしましたが、
17日から38度台の熱が出たり下がったり。

診断の結果、新型インフルと肺炎は除外されたものの原因はよくわからず、
抗生物質の投与で治療することに。
21日時点で様子が変わらなければ延期のお願いをしようと思っていました。

でも、微熱はあるが普通に活動できる状態なので、予定通り上京。
ただ、午前中に東中野のいる息子に会うことになったので待ち合わせを12時に変更してもらいました。

行ったことがない東京芸術劇場の下見を希望していたので池袋駅で待ち合わせ。
甘茶さんから地下のJR西口で待てと指示をいただいていたのですが、着いてみると「西口」がない!
西口を求めてうろつきましたが、南口や中央口はありますが、やはり、ない!
しかたがないので東西を結ぶコンコースの西の端辺りで待つことに。

柱に寄りかかってきょろきょろしているとroute225さんに発見される(笑
仕事が早く片付いたので間に合ったとのこと。

メールによれば近くにいるらしい甘茶さんに、早く来いと二人で催促の電話(笑
たがいに捜しまわってなんとか遭遇することができました。

甘茶さんが天候悪くても行ける地下通路で東京芸術劇場に案内してくれる。
まだ整備されたばかりの地下道で人通りが少ない。

到着して、パンフ数種をゲット。
地下からの吹き抜けに立つ緑の「農業少女」巨大幟撮影する。

お昼なので、土地勘のあるroute225さんに従って昼食の場所を捜す。
芸術劇場と駅の間にある、池袋スパイスIIビル3Fの「三階の炒り豆に花」でランチバイキングすることに。
しかしこの店の名前、「硝子と鉛の火粉」なみです(笑

休日料金で平日より200円高の1,199円とドリンクバー100円を支払う。
店内は、家族連れと女性客が多い。
全店禁煙。

あまり食欲のない私は、グリーンサラダと豆腐、日替わりスープを取ってくる。
病気のせいか匂いがまったく感じられないので、豆腐の微妙な味と香りがわからない。
聞けば豆腐は、route225さんのこの店一押しとか。残念。

食後のコーヒーなぞ呑みながら、今日この後の行動計画を立てる。
私が行きたい場所としてあげていたのは、台東区の佐竹商店街と荒川区の三ノ輪橋。
まずはのんびりと都電に揺られて三ノ輪橋から。

池袋駅から山手線外回りで隣の大塚駅へ。
都電荒川線の大塚駅前停留所まで歩いて0分。
待っている人が結構多い。
後ろに並んで、到着した都電の中に。

車内では三人でとりとめのないおしゃべり。
甘茶さんの会社のすぐそばも通過。
沿線は下町風景が続きますが、終点近くでは、レンガ造りの下水道局などがあり飽きません。

三ノ輪橋着。
到着した都電を撮ろうと寄ってくる鉄っちゃんが10名くらいいます。

それを横目に路地を抜け目的地に。
ここでやっと写真が(笑
(今回、熱のせいか写欲がわかず、掲載できる写真はほんのわずかです。ご容赦を。)
もちろんここです。
P1010322.jpg
焼きたてパンの店ポエシー。
魁セレソンDXではポエジーです。

店内は、甘茶さんや、さんかくさんのレポートに出てくる店長は留守で、パートのおばちゃんのみ。
P1010331.jpg

物色中の某氏と某氏。
P1010330.jpg
私もみやげにアップルケーキなるのもをゲット。
(アップルパイの中のリンゴをほとんどスポンジケーキに換えたものでした。)

ジョディとまあちゃんが腰掛けていた...
P1010324.jpg

おばちゃんとお話もし、飾られたサインも眺め、パンも買ったので
次の訪問地、佐竹商店街へ行くためにすぐ南にある地下鉄の三ノ輪駅へ。
常磐線のガードをくぐったところで、随分ややこしいところを歩いているのに気付く。
(道はややこしくなくて一本道です.w)
後ろは荒川区南千住、前は台東区三ノ輪、右手が荒川区東日暮里、左手が台東区根岸。
どうだ、ややこしいでしょう(笑

まあちゃんが通行人を脅かしているその先です。
minowa1.jpg

つづきは1?2で...

[edit]

trackback: --  /  comment: 2  /  ロケ地