多部ちゃんを撮るっ!

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

検索フォーム

岩淵水門行ってきました.w 

永遠の0、多部ちゃんシーンしか録画を残さなかった不埒ものです.w

Googleマップで見ればカメラ位置と立ち位置が推定できるほどわかり易いロケ地。
しかし、画角や細かいポジションやアングルがなかなか決めづらい所で結構手こずりました.w

JR赤羽駅から商店街を抜け、住宅地を歩いて20分。
荒川知水資料館、この向こうに水門があります。
P2215268.jpg
中州「荒川赤水門緑地」に渡る。
P2215275.jpg

ドラマに出てくる順に。
前記事の俯瞰写真に写る中州から見た旧岩淵水門と手前の橋。
斜面で撮ったんですが、橋の下のラインが水平になるくらいの、もう少し高い位置からでしたね。
水門シーン1_s
水門1

中州に向かって歩く松乃と大石。
これはもう、行く前から同じ画角で撮れないのがわかっていたのでもろトリミング。
(持って行く機材、OM-D E-M5 と 12-50mm 3.5-6.3 の制限。重いのはいやなんです.w)
あとでnekoさんにAPS-C機と長玉で撮ってもらいましょう.w
水門シーン2s
水門2
多部ちゃん目線。
正面、奥にある茶色に錆びた鉄のようなものが『月を射る』というオブジェ、らしい。
P2215277.jpg

欄干に鳩…
人慣れした鳩がたくさんいます。
背景の資料館の建物は消されてない。
撮影は夏なので茂った葉があって楽だったかも。
今だったら枝の間まで修正しなくちゃならない.w
水門シーン3s
水門3

奥に新水門を望む。
新水門は1982年竣工だそうです。
1940年代後半にはなかったのですね。
もっとも、旧水門も赤く塗られたのは昭和30年代だそうで。
ここでも土手のむこうに見える建物などは消されてます。

アングル、もう少し上から。
位置は合ってると思う。
なかなか狙ったように撮れなく、何度も試みました.w
撮っているとき、散歩中の老夫婦と会話。
ドラマ見たそうで、お馴染みの場所なのに遠景がすっきりしてて不思議だったとか。
水門シーン4_s
水門4

抱き合う二人ではなく、ルアーの練習をするおっちゃん.w

斜面上。
もっと後ろから。
斜面で下の地面右にある柵などを隠すローアングル。
水門シーン5s
水門5

この後、「深夜食堂」の西新宿に向かいました。
次の記事はその報告です。


関連記事

[edit]

trackback: --  /  comment: 0  /  永遠の0

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する